レーザー脱毛は授乳中でも大丈夫ですか?

レーザー脱毛を授乳中に行う事で、赤ちゃんに影響を与えるという事はありません。
施術中は強いレーザー光が出るため、レーザーが届く範囲で赤ちゃんを待たせるという事はできないので、必ず別室で待ってもらう必要があります。
ただ、授乳中のお母さんにレーザー脱毛を施すことで乳腺やおっぱいに影響が出るという事は一切ないという事です。
授乳中の脱毛で、問題となる点は、脳下垂体から分泌されるホルモンである"プラクチン"が高い値であるという事です。
プラクチンとは乳腺の発達を促すホルモンの事を指します。
プラクチンが異常に高くなると多毛症の症状が出るとされており、ちょうど授乳中はこのプラクチンが高い時期になります。
そのため、レーザー脱毛を行っても、毛が濃くなる可能性があります。
レーザー脱毛で毛は減りますが、プラクチンによって残っている毛が一旦濃くなってしまうという事が起こるのです。
また、産後は肌の調子が変わったり敏感になっていることもあるため、レーザー脱毛の施術を受けることで肌が赤くなりやすかったり火照ったりする事もあります。
授乳中は通常よりも脱毛効果が出にくく、肌のトラブルが生じやすい時期です。
トリア脱毛器口コミ